So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍こべな靖国参拝

前回、特定秘密保護法案の件でも書いたけど、何を今さら大騒ぎしているのかと思う。
衆参の過半数を得た時点で、安倍首相の思い描く「美しい国」までへのフリーパスを与えたも同然な訳で、この先も、民主主義を屁とも思わない、政治や政策を推し進めていくであろう。
そんな訳で、いっその事、ここまで来たら、安倍首相には益々の暴走を働いていただいて、思いっきり右に傾かせて日本丸を沈めてもらってみてはどうだろうか(笑)
その時に、「靖国で会おう!」と言って、海底に沈んでいく愛国精神溢れる乗組員達は果たしてどのくらいいるのかな?
まぁ、仮にそうなったとしても、真っ先に救命ボートで逃げ出すのは安倍船長のはずなんだけどね(笑)

そんな訳で、改めて言うほどの事でも無いんだけど、当ブログをご覧になられる酔狂な参拝支持者もいらっしゃるかもしれないので、あえて言わせていただくと、靖国神社ってのは、戦前の国家神道に基づく軍国主義の象徴でしかないということ。
いわば新興宗教のようなもので、天皇を神と崇め奉り、戦死しても靖国神社で祀られることが栄誉となるよう、大儀を掲げて戦争を美化することで、善良な市民を戦地へと送り続ける兵士大量生産装置の役割を果たしていたに過ぎない。
まさに、戦争の悲劇を生んだ神風特攻隊のメンタリティも、ここ靖国神社から生み出されたものだ。
そう考えると、大儀だけで見れば、アルカイダがテロ行為の際に用いるジハード(聖戦)とたいして変わりはないと言える。
それらを踏まえると、安倍首相の靖国参拝を支持するという事は、民主主義を否定し、戦前の軍国主義を支持するようなもんで、即ち、韓国中国の反応以前の話であるということを、参拝支持者は是非自覚してもらいたいところだね。

安倍首相発言全文=靖国神社参拝
2013年12月26日 時事ドットコム

なんだか回りくどいことばっかり言ってる(笑)
やっていることと言っていることが、てんでバラバラなんですけど...
それこそ、靖国神社への誤解を解いてしまうと、尚更、安倍首相の極右思想が浮かび上がることになっちゃうぞ。
いっその事、正直に、軍事国家の独裁者になれるようにお願いしてきました!とでも言ってしまえばいいのに(笑)
まぁ、100歩譲って英霊を慰霊したのだとしても、間違っても平和を祈るような場所では断じて無いので、あしからず。
でもって、戦死者を慰霊するのならば、誰(天皇)もが訪れることが出来る国営の慰霊施設を作ればそれで済む話のはずなんだけどねぇ。
実際、民主党政権時代にその構想があったはずなんだけど、いつの間にやら立ち消えになってしまったのが悔やまれる。
要は、未だ靖国神社に拘る人々が、日本には多く存在するという事なのだろうね。

考えるに、戦争指導者に所縁のある人々や戦没者の遺族からしてみれば、靖国神社が否定されるという事は、故人をも否定されることになりかねない訳で、国家元首の参拝に拠り所を求めたいとする気持ちも、彼らの立場からしたらわからなくもない。
しかし、仮にそうだとしても、それはあまりに一面的な考え方であると同時に、戦争の正当化や美化に繋がっていく事は、残念がら否定はできないのだ。
ついでに付け加えておくと、故人や遺族の中には、逆に靖国神社に祀られたくないと考える人々も当然いる訳なんだけど、靖国神社側は、そんな彼らの意向など無視して勝手に合祀を行っているのだ。
このような靖国神社の極めて独善的な宗教観は、近代社会における宗教の理解を超えていると言わざるをえない。
つまり、戦前の軍国主義時代を象徴する宗教施設が、現代の民主主義国家において、今尚、存在しうる事自体が異常なのだ。

結局のところ、靖国神社が今も存在し続けているということは、先の戦争責任が曖昧にされたまま、今に至っているということに他ならない。
即ち、戦争を正当化したい思惑が生き残り続けているのだ。
もし本当に、戦争の犠牲者を国家として慰霊するのであれば、専用の施設を用いることで充分な訳で、靖国神社に拘る理由などどこにもない。
にも関わらず、国家元首として靖国神社の参拝に拘っているのだとしたら、それは過去の歴史を美化し、戦前回帰に拘るも同然と見られても仕方のない話なのだ。
いくら、平和国家だ民主主義だと取り繕ったところで、整合性を欠いた行為と発言は、むしろ周囲の不信感を募らせるだけでしかない。
外交的に見ても、中韓は当然の事ながら、アメリカ様も怒らせてしまった訳で、このままいくと日本は国際的な孤立を高めていくことになるだろう。
ちなみに、相手が不快に思うことをしないのも、日本の道徳のひとつじゃありませんでしたっけ?
安倍首相には、道徳心が足りていないようですな(笑)
是非とも、学校で道徳の授業を受けてきてもらいたいもんだね。

そんな訳で、東アジアでの政治的な信頼回復の芽を首相自ら摘んでしまっただけでなく、勢い余ってアメリカ様の不評を買ってしまったのは、安倍政権にとっては、かなりの痛手となりそうな予感。
たださえ日本人ってのは国際社会では理解されづらいのに、オバマ政権に不信を抱かせたとしたのならば、そう簡単には改善出来る見込みはないだろうね。
しばらくはドライな関係を迫られそうだけど、大丈夫?
アベノミクスどころの話じゃなくなって、下手すりゃ、政権の致命傷になるかもよ。

そんな訳で、もはや国営の慰霊施設を作ることが、有効な打開策になるかもやしれず、靖国参拝を強行したことが、反って安倍首相にとっては皮肉な展開を呼び込むことになるのかもしれない?(笑)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

国家主義と新自由主義のはざまでブラック化する日本

先日、特定秘密保護法案が可決したのはご存知の通り。
法案の中身については、随所で様々な批判もあり、当ブログで改めて言及するまでもないだろう。
むしろそれよりも、遅きに失したマスコミの反論や反対運動に呆れてしまったのが正直なところだ。
何を、今頃になって反対の声を上げているのか正直理解に苦しむ。
安倍政権が誕生し、衆参で過半数を確保した時点で、このような事態が訪れることは自明の理だったはずな訳で、少なくとも、安倍自民党に1票を投じていながら特定秘密保護法案に反対しているような輩には、恥を知れ!と言わせていただきたい(笑)

安倍首相の政治姿勢の根底にあるのは強烈な国家主義だ。
判りやすく言えば、国民の為に国家が存在しているのではなく、国家の為に国民が存在しているという考え方であり、要するに、支配者や権力者の言うことに国民は黙って従ってさえいればよいと考えているのだ。
恐らく、彼の心の中では、国民主権や民主主義なぞ糞くらえだと思っているに違いないだろう(笑)

そういった意味でも、特定秘密保護法は国民の知る権利を一方的に制限することで国益が守られるという妄想に基づいた、まさに国家主義思想が色濃く反映された法案だと言える。
当ブログからすれば、国民の知る権利が奪われることの方がよっぽど国益が損われると思うのだけど、安倍首相は、そういう風には一切考えられないようだ(笑)

建前上は公務員の機密漏洩を防ぐ法案となってはいるが、秘密情報の規定も国家次第、漏洩に該当するかどうかも国家次第、即ち、国家が恣意的に用いることが出来る法案でしかなく、国民の権利も保障されていなければ、なんら国民に利益がもたらされることもない、安倍政権にとっては誠に都合の良い(曖昧な表現が盛りだくさん!)法案なのだ。
ましてや、急いで法案を通す理由など国民の立場からすれば、どこにも見当たらないにも関わらず、強引な国会運営でもって成立を成し遂げる辺り、まさに安倍首相の本性を見る思いがした。

例えば、アベノミクスにしても、景気の浮揚策として未だもてはやされてはいるが、我々にとって一番肝心な庶民の給与の引き上げは企業頼みとなっている。
つまり、アベノミクスとは、企業が直接潤う政策となっているだけで、国民が潤う保障はどこにも無いのだ。
更に、これに輪をかけて酷かったのは、結局、見送りとなったものの、解雇特区なる雇用規制の緩和を企てたことだ。
一見、新自由主義的な政策のようにも思えるが、解雇をしやすくするのならば、それと同時に雇用を促進する政策がセットでなければ意味が無い。
本来の目的は労働体系の自由化であるはずが、国民や労働者にだけリスクが与えられ企業にはリスクが伴わない、極めて一方的な規制緩和政策でしかないのだ。

そもそも、新自由主義的な政策とは、減税や規制緩和を行って自由競争を促し、社会生活に国家の介入を最小限に留める小さな政府を志向することである。
ところが、安倍政権がやろうとしていることは、法人税を引き下げるなど大企業や投資家を優遇し、その代わりに消費税を引き上げて国民に増税の負担を強い、あげく公共事業を復活しようとするなど、自由競争とは程遠い、既得権者の都合の良いところだけ新自由主義的な、ハチャメチャな政策ばかりなのだ(笑)

これらのことから見えてくるのは、弱者を食いもにして強者を太らせ、己の権力をより強固なものにしようとする安倍首相の政治姿勢だ(笑)
つまり、安倍政権の本質とは、国民の権利を制限することで国民を無力化し、特定の意思決定機関だけで国家の運営を進めようとする、まさに国家主義そのものなのだ。

あれ?
これって、まるで中国や北朝鮮の国家体制そのものじゃあ~りませんか!(笑)

まさに彼の国を見習えとばかりに、道徳の教科化による思想統制、NHKを管理下に置く言論統制、安倍総理の目論む「美しい日本」化は着々と進んでいるのである。

何故も多くの人々は、この様な人間に国政を託そうと思えるのか不思議でならない。
個人の権利を差し出してまで国家が繁栄することを本当に望んでいるのだろうか?
政治家の言動や政策に一喜一憂するだけで、その真意や本質を、あまりに見落としているのではないだろうか。
思うに、猪瀬東京都知事の権力欲や小泉元首相の商売っ気など、何も今に始まった話では無いはずなんだけどねぇ。
そんな訳で、今の日本は、国民がブラック国家の誕生を、わざわざ望んでいるようにしか思えない。
でもね、そんな国で、どんなに一生懸命働いたって、出世することも無ければ、給料が上がることも無いんだけどなぁ...(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。