So-net無料ブログ作成
検索選択

北朝鮮化する日本?

安倍首相、近隣諸国の神経を逆なで−戦時期の「侵略」を疑問視
 【東京】安倍晋三首相は最近、戦時期の歴史を再考すべきとの考えを一段と強く打ち出し、閣僚の靖国神社参拝に対するアジアの近隣諸国の批判に反論した。だが、その発言が中韓両国との関係をさらに悪化させている。
 安倍内閣の閣僚による靖国神社の参拝を受けて近隣諸国の感情が高ぶるなか、同首相は日本が第2次世界大戦中にアジア周辺国への攻撃や支配が「侵略」に当たるのか疑問を投げ掛け、周辺国の神経を一層逆なでした。
2013年4月26日 ウォールストリートジャーナル

参院選まで大人しくしているかと思っていたけど、やっぱり我慢できなかったみたい(笑)
そんな訳で、なんちゃって左翼政党の皆さんにお願いです。
これ以上、安倍総理に餌を与えないで下さい!
でないと、食べ過ぎで、お腹を壊しちゃうかもしれないよ(笑)

冗談はさて置き、なんか歴史は繰り返すじゃないけど、このまま行けば、かつて国連を脱退し、外交的孤立を深めて、帝国主義に突き進んでいったあの時代と、政治状況が似通ってきたような気がする。
ただし、違いがあるとすれば、今の時代は、軍事力で世界と戦うのではなくて経済力で戦うということ。
とはいえ、軍事力と違って、経済力を高めていくには、一国の力でどうにか出来るものでもない。
結局、国力というものは、外交力に比例しているとも言える訳で、となると、今の日本の外交力では、どう考えたって負け戦にしかならないんだけどね。
せいぜい、TPPでアメリカ様に媚を売ることぐらいしか出来んでしょ。
てか、それすら覚束ないのが現状なんだけど...

そもそも、隣国である中韓の国家元首が新たに変わったと言うのに、閣僚クラスの会談すらセッティングできないというのは、どう考えたって異常事態。
少なくとも、政府要人が外交を悪化させてまで、靖国にお参りしている場合じゃないでしょ。
おまけにアメリカ様にまでイライラさせてるし(爆)

外国に理解されない行為に拘っている様は、まるで将軍様を称える彼の国とたいして変わらんぞ(笑)
なんせ、我が国の将軍様は、憲法改正を持ち出してまで、どうしても軍事力の行使権を持ちたいようで、そんな妄想に国民を巻き込むのは、いい加減止めて欲しいね。
もとより、北朝鮮の場合は、関係国から譲歩を引き出して、体制を維持したいが為の外交戦略という政治手段になるのだけど、我が将軍様の場合は、軍事力というおもちゃが、ただ単に欲しくて仕方のない、お坊ちゃまの我がままにしか見えないんですけど(笑)

果たして、歴史が繰り返されてしまうとするならば、過去の過ちから何も学んでいないということなんだけど、帝国主義を正当化して得られるものって、一体なんなのかね?
誰か教えて下さいな。

そういった意味でも、なんちゃって左翼政党の皆さんには、是非とも存在感を示して欲しいね。
たまには、お国の為に働いて頂戴(笑)
ついでに言えば、新自由主義系の政党や経団連からもクレームがあってしかるべきなんじゃないの?
中韓との関係悪化は、明らかに経済的損失を招く訳で、靖国参拝は自分達の首を絞める行為にしかならんよ。

大体、そんなに歴史と伝統を重んじると言うのなら、地元の神社にお参りせい!
靖国神社じゃなんて、明治以降に出来た言わば新興宗教の団体みたいなもんで、よくもまぁ、それで日本の歴史と伝統を語れるもんだ(笑)
即ち、連中が重んじているのは、帝国主義時代の日本だけであって、そんなものは、長い日本の歴史からみたら、ほんの一部の時代でしかないんだけどね。


結局のところ、マッチポンプじゃないけど、なんちゃって左翼の運動やら、韓国中国の反応によって、靖国神社の問題が、本質からかけ離れてしまっているようにも思える。
主権回復の式典に沖縄を持ち出してくるのもそうだし、靖国参拝に関する中韓の反応もそうなんだけど、むしろ問題が矮小化して、右傾化への抵抗感を弱めていく、即ち日本国民のナショナリズムを反って刺激しているような気がする。
そもそも、政府関係者が靖国神社に参拝する行為そのものが、中韓のヒステリックな反応の有る無しに関わらず、日本の国民主権を脅かす重大な問題行動のはずなんだけどね。
戦没者を慰霊するのと戦死者を慰霊するのとではまったく意味が違ってくる訳で、靖国神社の参拝のみならず、それを容認する世論が出来上がっていくとするならば、それはそのままファシズムに繋がりかねない危険性を孕んでいるということ。

そんな訳で、まさかとは、思うけど、中韓のヒステリーを引き起こす挑発的な発言も、実は右傾化の流れを強めたいとする安倍将軍様の狙いだったりして?

でもねぇ、そういった本質を見落として、日本の右傾化に庶民が加担したところで、な~んも良いことなんか起きないんだけどね。
そら体制側の人間にとっちゃ、右翼思想に被れたバカ共が増えることほど都合のいいことはないだろうけど、それって、庶民にとっては個人の権利を手放すようなもんだってことが判ってるのかね?

すでに、消費税増税に原発再稼動が避けられない状況で、今回の外交問題に加えて、ついには憲法改正までいよいよ現実味を帯びるところまで来てしまった訳で、こんな国家権力の暴走を、いとも簡単に見過ごしてしまっていいの?

そういえば、今日は、主権回復の日と称した厚顔無恥な式典の当日でもある訳なんだけど、思うに近い将来、むしろ、今日という日が、国民主権を失うこととなった歴史的な日にならなきゃいいのだけど。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。