So-net無料ブログ作成

日本を取り戻す日?

へそが茶を沸かすとは、まさにこの事だ。

「主権回復の日」式典開催を閣議決定 安倍内閣
安倍内閣は12日、サンフランシスコ平和条約が発効して日本が主権回復した4月28日に、政府主催の記念式典を開くことを閣議決定した。自民党は昨年の衆院選政策集で式典開催を明記しており、安倍晋三首相が式典開催にこだわった。
2013年3月12日 朝日新聞

自ら侵略戦争への道を突き進んで敗戦国となった日本が、なんで主権回復と称して国家の式典をする必要があるんだ?
例えば、韓国のように侵略を受けた国が主権回復を国家行事とするのは、そら当然の事だろうけど、侵略戦争を行った日本が主権回復を国家行事とする理由なぞどこにもない。

河野、村山談話に疑問を呈して、戦争への加害責任を曖昧にしようとしながら、一方で、アメリカ占領下からの開放を国家イベントで盛り上げようとしている訳で、なんたる被害者ヅラした自己中心的な考えなのだろうか。
まさに、返り討ちにあった泥棒が、盛大な退院祝いをするようなもんで、こんなバカげた国家行事はない。

こうして安倍総理の戦前の国家体制回帰への道が、着々と前身していくのだ。
過去の過ちを正当化してつき進むようなことになれば、また同じ過ちを繰り返すだけの話でしかないんだけどね...
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

NO NAME

大戦後、日本は国際法上「占領」されたのであって、主権が無くなったのではないのですがね。占領下、天皇陛下も総理大臣もいたし、内閣も各省庁も機能していたし、日本法が適用されていたし、裁判所も裁判をしていたのですが。昭和55年10月9日に衆議院予算委員会で奥野誠亮法務大臣が「昭和二十七年に独立するまでは主権は日本になかった」と発言し問題になり、その日のうちに発言を取消し謝罪し「主権は日本にあった」という政府公式見解が出たのですが。しかし、日本に主権がなかったのなら「日本は消滅した」「皇位は断絶した」「国体は護持できなかった」となるのですが、国体護持のみを願った当時の保守派が聞けば卒倒ものですね。あと「日本は独立した」と言いますが、どの国から独立したと言うのでしょうか。ばかばかしい限りです。
あとサンフランシスコ平和条約は、右翼の人が大嫌いな極東軍事裁判の判決を日本が受諾した条約でもあるのですが、分かっているのですかね。

by NO NAME (2013-03-16 01:39) 

sola-nine

NO NAMEさま

仰る通りだと思います。
沖縄どうこう以前に、式典そのものに意義が無いのに、そういた議論が沸き起こらないのが、不思議で仕方ありません。

by sola-nine (2013-03-17 11:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。