So-net無料ブログ作成
検索選択

与謝野放言大臣

滅多に見ることのない報道ステーションをたまたま見ていたら、原発に関する与謝野経済財政担当大臣のコメントを放送している場面に出くわした。
その、あまりに非道な発言内容に、一瞬、はらわたが煮えくり返りそうになったのだが、よくよく考えてみると、むしろ自らを貶める放言を、わざわざ垂れ流している訳で、つくづく愚かな政治家なのだなと、改めて思いを強くした次第だ。
例えば、与謝野大臣によると、原発事故は科学的に予見出来ない事故であり、反省のしようがないと発言しているのだが、経産省管轄の原子力安全基盤機構という独法によって、昨年の時点で福島原発の危険性を指摘していたことが明らかになっており、この時点で大臣の話は破綻している。
更には、原子力発電でないと、国は豊かにはなれないとまで力説しており、原発事故の被害者に対する配慮は一切感じられず、事故そのものを正当化する勢いだ。
豊かさの為なら、一部の人達の理不尽な犠牲も当然ということなのだろうか?
こうした発言から垣間見える彼の人間性には、背筋が凍る思いすらする。
いずれにしろ、彼は、貧しくなることを恐れているようだが、すでに自分の心が貧しくなっていることに気づくことはあるのだろうか。
このような人間が、脱原発を掲げていい気になっている菅総理の下で大臣を務めているのだ。
ストレステストをやる前に、大臣の首を切ることの方が、よっぽど先だ。
そんな訳で、いずれ削除されるであろうが、それまで、与謝野大臣の放言をここに晒しておく。



経団連もそうだけど、電力供給が減れば経済活動も落ち込んでしまうと、やたら国民に脅しをかけまくっているが、そんなものは既得権を守りたいが故の方便でしかない。
むしろ、蓄電技術や省電力技術のイノーベーションを起こす絶好の機会な訳で、とっとと大企業には海外移転でもしてもらった方が良いとさえ思っている。そうすれば、おのずと既得権は消滅し、新たな産業や経済活動が生まれ易くなるというものだ。
政治のみならず、経済界にも革命を起こす必要が高まっている。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

大田昭一

あまりにもひどい出来レース。福井県知事と、お粗末な野田首相の茶番劇。はたして原子力安全委員の斑目は信用できるのか。斑目安全委員は、全電源喪失してもよいといっていたのではないか。水素爆発は絶対にないといっていたではないか。こんなでたらめな人間がお墨付きま安全があるのか。何重にも安全装置があるから放射能は漏れないといっていたが電源が喪失し、電源者が駆けつけても不具合で、役立たず。絶対水素爆発はないといったすぐ後で爆発。馬鹿じゃないか。斑目を何故首にしない。斑目で区でたら安全委員会委員長の言うことで安全か。御用学者ばかりだ。東大なんか偏差値が高く出みんな馬鹿のより集まり。
by 大田昭一 (2012-06-08 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。